洗濯乾燥機の移設・設置

ドラム式洗濯乾燥機や洗濯乾燥機の移設・設置工事に必要な給水・排水工事および給水側の接続部分不具合による水漏れ防止などのご提案もいたします。

洗濯乾燥機の移設・設置工事の流れ

  1. 【個人のお客様より企業様へ】移設・設置工事等依頼 <工事センターへご連絡下さい>
  2. 【工事センターより個人のお客様へ】(必要に応じて)アポイント
  3.   移設・設置工事(個人のお客様宅へ)
  4. 【工事センターより企業様へ】工事完了報告書をお送りいたします。

 

工事センターだから任せられる安心のサービス

  • 個人のお客様へのアポイントが必要な時や工事お伺いの際には、 御社の「工事部門」として企業様と個人のお客様との間に立ち、全ての作業において迅速・丁寧な対応をいたします。
  • 工事完了報告書を送付いたしますので、その後の企業様と個人のお客様とのやり取りもスムーズです。
  • 家電製品全般の設置・移設工事に関わる経験と実績を持つ工事センターを活用いただくことで、御社の業務効率向上をお手伝いいたします。
  • 給排水工事、給水側の接続部分不具合による水漏れ防止策も、個人のお客様へご提案いたします。

洗濯乾燥機の移設・設置に関するよくある質問

Q

おまかせ運転にしているのですが、脱水がまったくされていません。故障でしょうか?

A

まずは、排水溝に繊維やホコリなどの汚れが溜っていないか確認します。問題なければ、洗濯機側の問題となりますので、メーカーへの連絡をおすすめします。ご自身で中を調べようと開けることは、さらなる故障の原因ともなりかねませんし、メーカー保証対象外ともなりますのでご注意ください。

Q

洗濯機のドラムの分解洗浄はできますか?

A

不可能ではありませんが、機種・メーカーによって内部の構造が異なり、分解しても中のドラムが外せない構造のものもあります。そのため、現在は洗濯機の分解洗浄サービスは承っておりません。

Q

ドラム式洗濯乾燥機の移設をお願いしたいのですが?

A

ドラム式洗濯乾燥機を移設する場合には、ドラムが動かないようにするための「運搬用固定ボルト」が必要です。固定することで、運搬による振動からもドラムを守ってくれるものです。機種やメーカーによって形も異なりますので、移設ご依頼の際にご確認下さい。

Q

蛇口と給水ホースの接続箇所から水が漏れています。どう対処したらいいですか?

A

まず蛇口を閉めて水を止めて下さい。水栓つぎ手と蛇口の間に隙間が生じている場合があります。その場合、水栓つぎ手を取付け直す必要があります。また水栓つぎ手のパッキンが劣化している場合もありますので、その場合は水栓つぎ手の交換が必要となります。水栓つぎ手を交換される際には、オートストッパー付き水栓ジョイントへの交換をお勧めします。ご不明点はお気軽に工事センターまでお問い合わせ下さい。

Q

脱水中に大きな振動音や異常な音がします。(ガタガタ音・ゴトゴト音)

A

ドラム式洗濯乾燥機の場合、輸送用の固定ボルトの取外しを忘れていませんか?固定ボルトを取り外さず使用すると異常振動の原因となります。また本体が正しく設置されているか確認をしてください。水準器で本体の水平状態とガタツキの有無を確認し、必要に応じて調節脚を調節して下さい。また洗濯機で洗濯できないものを入れ運転すると異常振動や故障の原因となります。


お問合せはメールフォームまたはお電話で

0120-06-5551

些細な事でも、お気軽にお問合せください。